5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【今夜は】ナイフ、いい話【聞かせて】

1 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/27 21:33:40 ID:bvHKHaq6
爺ちゃんの使い古した鉈、
おまいらのナイフのエピソードなどなど・・・
思わず買いたくなってしまうような、いい話し。

そういうの読むの大好きなのワシ。

2 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/27 22:00:23 ID:Dksn2jyE
糞スレの2をげと

3 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/28 22:55:04 ID:AXMBAA+V
ゴミ捨て場の古い刃物拾ってきて研いで使うのは楽しい

4 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/28 22:55:46 ID:JSIrlgav
小学生の頃、サビサビのカッターの刃が落ちてたのを拾って遊んでたら指バッサリ。
ドバドバ血が出て死ぬかと思った。

5 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/29 12:35:14 ID:Z2bcPLqm
Zippoなんぞではお馴染みだけど、
昔Leathermanの広告でもあったな、"It happened to me!"的実話集。
いい話、というよりはこれで難を逃れたという類がほとんど
挿し絵の風合いも合わせてなかなか面白かった。

6 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/29 12:46:56 ID:LkpEQqwo
大〜きなノッポの古ククリ♪
おじい〜ちゃんの〜ククリ〜♪



7 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/29 18:17:22 ID:Tv78y11i
>5
ピンチを脱すると言うほどでもないけれど、ツールナイフのハサミは割りと出番が有りますね。
例えば子供が出先で、服の襟に付いているタグが痒いって言いだした時にそれを切ってやったり
します。これは手でも歯でも切れません。

>6
100年経っても壊れない、おじいーさんもー元気〜♪

8 :ローズ ◆WIIEP92EG2 :04/09/29 21:42:51 ID:ihG60tWr
ある時、バイクのトランクの鍵を落としたんだよね。
で、鍵がないからバイクのトランクが開けられなくなった。
なぜかポケットには、スパイダルコのコパイロット。
そして、財布には、ガソリンスタンドの給油カード。
仕方ないから、
給油カード(プラスチック)を鍵の形を思い出しなから切って削って、
トランクの鍵の形にして、ようやっとヘルメットを取り出せた。
ラッキーなことに、バイクの鍵はなくしてなかったから、ツーリングが続けられた。
コパイロットのようなちっぽけなナイフが窮状を救ってくれるなんて、
予想もしなかった。

余談だけど、このこと以来、
鍵はひもを付けてズボンのベルトループなんかに通すようにしてる。

9 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/30 19:08:16 ID:R30PxwoB
そうそう、そーゆー話しが聞きたいわけよ。
ナイフの日常的活躍小話もっときぼんぬ。

10 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/30 19:24:18 ID:T2T2VnHi
私は、柄が壊れて放置され、錆び錆びになった刃物を見つけて、
錆びを落とし、研ぎ直し、新しい自作の柄を付けて再生させるのが好きです。

11 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/30 21:54:40 ID:okwly74/
今から6〜7年前の話。
ある日の夕方、松○屋百貨店で用事を済ませ、ブラブラしていた。
そのうちに一服したくなりトイレ前の喫煙所に行った。
ベンチには6〜70代の爺さんが独りで座ってたんだが、
特に見るでもなく、その老体をボーッと視界に入れながら煙草に火をつけた。
身なりも垢抜けず、田舎爺丸出しだったな。

爺さん、地下の食品フロアで買ったと思われる練り製品(がんもどきとか)を
膝に広げ、ワンカップを啜り出した。「おいおい!」そう思ったよ。
こんな爺にはなりたくないな〜、と思いつつ。

そうしてるうちに、自分のバッグにゴソゴソ手をやり、古いセルロイド風の
ペンケースを取り出した。何ヶ所か欠けてるみすぼらしいものだったよ。
中から出てきたのは小さなナイフ。ボール紙をセロテープで巻いただけの
シースに収められてた。ナイフ本体も自作風のみすぼらしいもので、
6〜7cmくらいの炭素鋼。そいつでつまみ類を一口大にカットしてから
口に入れ、ワンカップをもう一啜り。何度繰り返したか解らんが、
全て平らげちまった。グレーの格子模様(だったと思う)の汚いハンカチを
ポケットから引っ張り出すと、ブレードをさっと一拭き、シースに収めて
孤独な晩餐は終わった。
別にそのまま喰えばいいとも思ったんだが、一応、お行儀良くしてたんだろうな、爺さん。
俺はその一部始終を見る口実に煙草を4〜5本チェーンスモークしてたよ。

その日を境に、コレクション用のナイフを買っていない。
日常の道具にしようと決めた。

12 :まろやか軍曹 ◆gx4yPVAf7c :04/09/30 22:14:17 ID:lAH81XZE
>>11
むむ。こういう話はキライじゃないな。

13 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/30 22:22:22 ID:RFJ3C4D7
なかなか渋いエピソードだ。

14 :名前なカッター(ノ∀`):04/09/30 22:33:39 ID:R30PxwoB
>>11
俺にはモノクロのフランス映画のようだったぞ!

15 :チェーンスモーク:04/09/30 22:39:12 ID:okwly74/
みんな楽しんでくれたようで嬉しいよv
こんなんでよければまだいくつかあるから、暇な時にまた書かせてもらうわ

16 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/02 00:48:42 ID:DLe15rum
親父の仕事の関係か、小さいころから刃物が身近にあった。
物心ついたときの初めての痛い思い出は、親父が研ぎ上げたばかりの鉋の刃で。
きちんと砥がれたきれいな刃先と輝きに魅せられて、思わず指で刃先をつうっとなでた。
とたんにすぱっと見事に指先が切れた。痛みよりあふれてくる血に驚いて泣き出した気がする。

そんな育ちのせいか小さい頃から刃物の扱いについてはそこそこ自信があった。小学3,4年のとき学校で小刀を使った工作があった。
小刀なんてお手の物だった。クラスのみんなが手を切り絆創膏だらけになる中、自分は手を切ることはなかった。
しかし、慢心で調子に乗りすぎたのか、工作が終わってみると利き手の親指にはでっかい水ぶくれができていた。

17 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/02 08:15:18 ID:zbeK4sQG
>>8
> 鍵の形を思い出しなから切って削って、

これは凄いなぁ...昔、緊急用としてカード型スペアキーなんてのがあったけど。
俺も合鍵に併せて財布のプラッチックカードに鍵のカタチをなぞっておきますw

バイクネタといえば、出先でポンコツバイクのセルが接触不良で回らなくなったとき
スターターのソレノイド端子をナイフで直結させて始動させたことがありますた。
当然アークで焼け焦げ傷ができちまったわけですが。

ナイフちょっといい話からは程遠いな

18 :ダイエットコーク:04/10/02 14:23:02 ID:i+10v13w
晩酌爺さんの話を喜んでくれた方達へ

この話は一年くらい前のこと、
俺の通勤路に公園があるんだが(公園を突っ切ってるだけね)、
土曜の昼過ぎに自宅へ向かう時、ダイエットコーラを買ってその公園で飲んだ。
暑い日だったんでね。確か学生は夏休みだったかな。

飲みながら歩いていると、小学生の男の子が三人でなにやらやってる。
花壇の土留めのコンクリートに桜の枝を必死で擦り付けてた。
「ん?なにやってんだ?」
「ナイフ造ってんだよ」
「木の枝でか?」そう言った俺の顔には馬鹿にした表情があったんだろう、
小僧はムキになって「切れるんだよ、ほら」と、花壇のツツジの葉を
切り落として見せた。まあ、見事に切れる。「へ〜、見せてくれよ」
折った枝の先端をコンクリートで両刃の様に擦り、
なるほど葉っぱくらいなら切れそうに鋭利になっている。

「おまえら偉いな〜」
嬉しくなった俺は沢山声をかけようとしたけど、彼らと共通の言語を
持ってない事に気づいた。だから、嬉しい気持ちも誉めたい気持ちも
その理由は説明できなかった。せめて缶ジュースでも奢ってやろうとも
思ったが、嘘臭いので止めにした。終いに俺のポケットにころがってる
研ぎ減りしたトレイルガイドをその小僧にくれてやりたくなったが、
これも止めた。最早小学生にナイフをやる、しかも見ず知らずの男が、
なんて常軌を逸してる事に気づいたから。

でもね〜、俺も貰った事あるんだよ。
あの小僧くらいの時に公園で、クラフトナイフみたいなの。丁度俺くらいのおっさんだったな。
思い起こせば別に取り立てて嬉しくもなかったっけ・・・うん、やらんでよかった。

19 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/02 14:54:13 ID:aHE8IVgK
おれもダイエットコーク派!いい肴になったよ!

20 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/02 23:41:25 ID:qMglP8Vo
縄文弥生期にもクリかなんかで作った木製ナイフはあったんだろうな
残ってないだけで

21 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/02 23:45:32 ID:qMglP8Vo
スレタイがナイスいい話に見える

22 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 01:11:04 ID:jNZycuKz
盗んだナイフで走り出す〜♪

23 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 15:09:50 ID:tNdbc5nd
走る!?Σ(゚Д゚;)

24 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 16:23:34 ID:+5uqG0Yx
なんかここいいねw


25 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 19:14:19 ID:9Zprc1wL
時は1977年ごろ、俺が10歳の時だったかな。
オヤジは釣り番組にゲストで呼ばれるほどの釣りキチで料亭なんかに魚を配って回るほどだった。

オヤジの弟(おじさん)は遠洋漁業の船乗りで、世界中の海を何ヶ月も航海しては
たまに帰ると、息子(いとこ)や俺に珍しい異国のお土産を持って帰ってきてくれた。

ある時、いとこの兄ちゃんと俺にでっかいダイバーナイフを買ってきてくれた。
それは今でも見かける、「ダイバーナイフといえばコレ」っていうような定番のデザインで
刃渡り20cmぐらいのピッカピカのブレードのヤツだったのを覚えてる。

小学生の男の子にとってこんなにイカすものはないだろう。
しかし母親は猛反対。戸棚にしまって厳重監視下におかれちまった。まぁ当然だろな。
で、オヤジやおじさんには「決してコレは武器じゃない事」、「大切な道具である事」をいい聞かされ
おもちゃにしないという条件で時々さわらせてもらえてた。

「いつかおまえがイッチョマエの海の男になったら」

いま37歳。10年前オーストラリアの海でダイバーのライセンスをとり今も海に取りつかれてるよ。
地元の海でしょっちゅう潜り、海からいろんな事を学び、まだまだ学びきれない。
冬の間は体がなまらぬよう、室内プールに通いトレーニングをおこたらない。

もうあのナイフはとっくに無くなっちゃったけど、今は安ものの小ぶりなダイバーナイフが俺の相棒だ。


26 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 19:34:01 ID:fjx7+5oj
>25
いい話だ。
親父さん生きてる?

27 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 19:35:09 ID:fjx7+5oj
↑すまん、
親父さんじゃなくておじさんだった・・・。

28 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 19:38:43 ID:9Zprc1wL
>>27
オヤジもおじさんも、もうだいぶ前に死んじゃったよ。
オヤジの遺骨の灰の一部は海に流した。
俺が世界のどこの海でも潜るたびに会えるようにな。

29 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/03 21:07:22 ID:R+/hZ1Hl
>>25
いい話だね。
気が向いたらダイビングに関する思い出も語ってください。




30 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/07 22:15:34 ID:MBROEcwB
眺めてハァハァするだけのヤシには無縁のスレ

31 :ダイエットコーク:04/10/08 20:55:46 ID:Nc5cjEp4
遅レスゴメ
>>19
産休〜
>>20
だと思う、俺も

あといくつかあるんで、また書かせて貰うね〜

32 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/08 21:03:29 ID:5Csh4OD7
>>25
ええ話や・・・。ホロリ

33 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/09 00:49:51 ID:Z+W4BZ6o
俺が小さい時に爺ちゃんの家に泊まりに行って、たまたま魚をさばくのを見てた時に使ってたナイフに興味を持ったんだよ。
今思うとナイフと言うより魚をさばく技にだけど。
その時はすごいなぁみたいな事言ってたと思う。そしたら爺ちゃんがナイフをやるって言ってくれたのよ。
最初はうれしくて大事にしてたけど、いつからかその事もナイフも忘れちゃったのです。
そして何年もしない内に爺ちゃんが死んでしまって。
まぁ、それから婆ちゃんと話してるときに
「そういえば爺さんはあんたと魚をさばいてた時の話を楽しそうにしてたなぁ」
って話をしたの。
確かに手伝った事はあったけど役に立たなかったしすぐに飽きて手伝いをやめたのによくそんなことを覚えてたなぁって思うと悲しくなった。俺は我儘だったなって。
今では魚も少しは上手くさばけるようになった。出来れば爺ちゃんに見て欲しかった。
もちろんナイフも大事にしてる。
それだけ。

34 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/09 05:50:28 ID:dAaapNIM
>>33
えーとあれだ。涙腺から出た分の水分を補給したいので俺に酒をおごれ。

35 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/09 14:13:23 ID:8v8Msdxy
>>25
>小学生の男の子にとってこんなにイカすものはないだろう。

禿げ上がらんばかりによくわかるです、しかもそれを海の男、男の中の男みたいなんに
日焼けした手から渡された日には...ハァハァ(;´Д`)
アメ横高架線下で蛍光燈に浮く青白い手でショウケースから出されるナイフとはワケが違うw

>>34 俺は今水分補給中だけど、アルコールでますます乾いてしまた

36 :25:04/10/09 14:48:29 ID:kRDDLLMy
喜んでくれたみんなありがとう。
俺の自慢話をほめられて嬉しいよ。

あのナイフに負けないよう、海と渡り合える男になりたかったのかもな。
ただのコレクターじゃなく、自分も苦難に耐えて鍛えられてこそ
ああいうナイフを手にした時、説得力があるような気がしてさ。

ほんとは今でもあの時のダイバーナイフを持って海に行けたらもっとカッコいいんだが(w
これからも末永く海と付き合うため、海を恐れて、そして憧れていこうと思う。

37 :33:04/10/09 19:56:01 ID:Z+W4BZ6o
>>34
俺はその言葉に体中の穴から液体垂れ流しです。
あなたの酒をおごるので俺に酒をおごって下さい。
嘘です。

38 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/10 16:45:14 ID:3G9JKouR
>>37
表現が汚い。

39 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/10 20:16:47 ID:M5vv+knA
まだガキな自分から少し語らせてくれよ。

厨房の頃ナイフが欲しくて、パソコン使って通販で買おうとしてたんだよ。
しかし親に買ったことがばれたり、買ったものが見つかったりしたら
取り上げ確定だから、中々買えなかった。
でもどうしても欲しくて色々調べた結果、
親がいないときにナイフが届くように時刻を指定できることを知った。
指定時刻は4〜6時 パートをしている親は6時くらいに帰ってくる。
そして入念にナイフを選び、ビクトリノックスのサイバーツールにする事にした。
あのドライバーのつくりにやられたんだな。
当時の中学生にはサイバーツールの値段は高かったから、こつこつ貯金していた金を使う事に決めた。
そして、学校が早く終わる日に届くように指定して注文したんだ。
学校が3時40分に終わり、大急ぎでかばんに教科書を詰め込み自転車を走らせ、
帰り道の途中の事だった。
「ガチャッ」と嫌な音がして、力一杯ペダルを踏んでた足が空回りした。
チェーンが外れた。
その頃の自分のチャリはカバーを外さないとチェーンに触れられないようになってる奴で、
カバーを外すにはドライバーが必要だった。
そしてその距離から家まで歩くと6時を過ぎることは確実だった。
「くそ・・こんな時にサイバーツールがあれば・・・」
と悔やんで諦めかけていた時、通りかかったおじさんが、乗っていたバイクを道端に止め
一本のツールナイフ(見たことのない奴だった)を差し出して
「これを使って直せ」みたいな事を言った。
使い慣れない工具を使っての作業は10分かかり、
しかしその間おじさんは一度も手助けをしようとはしなかった。
そしてチェーンを付け、自転車が動くようになってから
礼を言ってナイフを返した。
おじさんは何も言わずに、微笑しながらバイクにまたがり立ち去った。
それから自転車を必死にこぎ、なんとか間に合って念願のサイバーツールを手に入れた。

あれから大分経つがやっぱり目の前で工具がなくて困ってる人がいたら、
自分はポケットの中のサイバーツールを差し出すと思う。

乱文&拙文すみません。
そのサイバーツールは今でもパソコンの隣にあります。


40 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/10 21:47:15 ID:5ekip401
マジ良スレ(゚∀゚)

41 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 02:12:16 ID:e3X2yDcT
漏れが消防の頃のこと。
ナイフが欲しくても買ってもらえなかったので
学校の工作室にあった15cm程の木片をカッターで削って
木製ナイフを作り、遠足に持って行ってたものだった。
当時は中心を出すことなど知らず、ひたすら削ってただけなので
出来上がりは思いっきり右に偏心してた(w

>>18の話に出て来た消防の方が漏れより偉いな、と思ったヨ。

全然いい話じゃなくてスマソ

42 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 05:52:24 ID:fH73Z3hn
>>39
バイクのおじさんいいなぁ。
ナイフを通して教えられる、鍛えられるってのはあるわな。特に男の子ってのは。



43 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 08:17:22 ID:cOazREgb
>>39
自分以外のナイフユーザーと出くわした事がないんだけど
困ってるとき誰かにツールナイフを渡されたら、そういう意味でもうれしい話しだな。
やっぱいざという時ちゃんと役立ってくれるとうれしくなるね。

44 :まろやか軍曹 ◆gx4yPVAf7c :04/10/11 09:40:48 ID:2qtZR3wt
プチいい話。
刃物祭りで、お楽しみ抽選券オマケしてもろた。おいちゃんありがとう。

45 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 11:17:15 ID:fy+SHHtA
>>44
それは違うだろ。
けど、良かったな。

46 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 14:08:49 ID:u30zZzRA
>>44
ブチ=すごく なら、高校卒業後始めて聞いた方言。・・・あぁ・・・
なつかすぅい〜!・・・・俺的にいい話だつた

47 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 15:19:48 ID:cOazREgb
ブチ(buchi)じゃなくてプチ(puchi)

48 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 15:47:55 ID:u30zZzRA
うわぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜ん

49 :まろやか軍曹 ◆gx4yPVAf7c :04/10/11 16:10:43 ID:2qtZR3wt
>>48 >u30zZzRA
自分にとっちゃbuchiいい話だったさ。
3等の爪切り当たったんだ。


50 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 16:41:07 ID:Tppy96Sc
プチ(puchi)じゃなくてプチ(petit)

51 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 18:23:09 ID:cOazREgb
アーサー・ランサムという英国の児童文学者の
『ツバメ号とアマゾン号』は彼の「少年少女冒険シリーズ」のひとつですが
このスレにふさわしいかもです。

こういうサイトを発見
http://homepage3.nifty.com/dhsanada/saga/item/knife.html

これも「いい話し」ですね。

52 :666:04/10/11 18:38:13 ID:Bmtd9piJ
 質問スレに書き込んだら、こっちに誘導されたから
来てみたけどいいかな?

本題
 ところで、刃物板住人達が刃物・ナイフマニアという
修羅の道に堕ちてきた、きっかけを聞きたいのだが。
 ちなみに漏れは、”漫画日本昔話”の鍛冶屋のシーンだ
赤い鉄をジュワーっとやるのが、たまらなかった幼防だった。 

 新スレ立てるのもイヤなので、ここにぶら下がり

53 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 22:45:12 ID:6JV3Y52l
>>52
思い出せない・・・・・・。
つか、男の子って小さいころから少なからずそういうのに興味あるでしょ?
それがそのまんま継続しちゃった感じかな・・・。
強いてあげるなら、どうしてもナイフが欲しくて、工作に使うという口実で母親に買ってもらった
OLFA「クラフトナイフL」かな。今考えれば、当時自分が欲しかった“ナイフ”とはかけ離れてるはず
なんだけど、それでも嬉しかった。ちなみにそのクライフトナイフLは今でも現役

54 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/11 23:52:58 ID:/vQbrXrP
>>52
気が付いたら、小刀が転がってたみたいな雰囲気。
親父が細工物が好きだったので。朴の木のブロックから小刀で獅子頭を
削りだしたりしてた。5センチ位のドナルドダックを削ってくれたこと
もあった。真似をして、小刀を使うようになったし研ぐようにもなった
小学校3年位と思う。始めて買ったナイフは、OLFAのカッター。
黄色いヤツ。研がなくていいというのが、物凄く新鮮だった。お使いや
庭掃除で、小遣いを貯めてやっとの思いで買った。300円だった。
100円札3枚握りしめて、売り場に走ったよなぁ。何年前だろ?


55 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 00:01:04 ID:SbVVWOqu
>>54
小学校3年生のとき、九州の親戚にお年玉として100円札3枚もらったことがある。3年生だから300円ね、っていわれて。
当時東京や横浜では100円札ってのはもう珍しくてびっくりしたんだが、九州では普通に使われてるって言ってた。
ということは、あなたは俺と同世代かおれよりちょっと上の世代かな?
俺はボンナイフが最初だったな。10円だったか20円だったか。
それから肥後の守に行って、スイスアーミーナイフに一時はまった。
結局日常で使うナイフはスカウトナイフ、ってのが今のおれの結論なんだが。

56 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 09:01:22 ID:dmFMXmG9
>>53

>つか、男の子って小さいころから少なからずそういうのに興味あるでしょ?


俺の知り合いの子供が、鍛冶屋のマネして太めの枝を、火の中に入れて木で叩いてたな・・

57 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 11:23:46 ID:u7+umMq3
百円札って凄いなぁ...インベーダーできないぢゃん!


58 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 14:45:43 ID:DEomTqHU
小学1年の頃、工具箱を勝手にいじれたから、建設会社の息子に貰ったベニヤ板や、
鍬の柄用の棒をノコギリで切ったり釘打ったりして遊んでた。
爺ちゃんの鉈借りて竹切って弓矢作ったり、変な履き物作ったりもしてた。
その辺に鎌や鉈、ノコギリやハサミがあっていじくりまわせる環境だから別に刃物に対して
恐怖心とかは育たなかった。でも電工ナイフはちょっと怖かったなー
(ロックが無くて使ってる途中で折りたたまって怪我したからだけど)
今は、よりよく切れるナイフの追求や研ぎ方の追求といったいじくり回せる玩具といった感じで
ナイフは好きかな。

59 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 15:38:58 ID:aRhZXTTl
>>54-55
ガキの頃に五百円札が消えてった記憶しかないんで、おまいらいくつやねん?とオモタ。
調べたら、少なくともS43年までは発行してたようで。
↓九州と百円札の関係も書かれてまつ。
http://www.kbc.co.jp/radio/powershovel/kindaichi/20010828.html

60 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 15:50:25 ID:aRhZXTTl
スレ違いだけでもなんなんで、>>52の質問について。
一人暮らしするようになって実家の工具が使えなくなったんで、刃物屋で小刀を買った。
小柄のような刃の形状で刃渡り8cmくらい。共柄。
自分で刃物を選んで買ったのはこれが最初のはず。次元の違う切れ味に驚いた。

木工その他の工作をするようになったきっかけは、ガキの頃いじってたミニ四駆だな。
プラスチックをカッターナイフで削ってた。知らないってのは恐いねw

61 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/12 18:27:18 ID:V0+o29+f
自分はミニ四駆作る時は彫刻刀の切り出し使ってたな
-ドライバー代わりに使ったことも。
欠けました。ええ

62 :52:04/10/12 19:03:51 ID:zQUQkQ2K
 みなさん、結構年季が入っていらっしゃるようですね。

 普通は「木を削って遊んでた」とか、工作に使ってたというのが
一般的だとは思います。漏れは使うよりも、砥ぎがメインでした。
 錆びた果物ナイフを300円ぐらいの両面砥石で磨いたり(小学校
低学年頃)、そのうち家の包丁を砥ぐようになり(小高学年)、
実際にナイフを買ったのは二十歳を過ぎた頃だった。
 愛用のナイフはオピ8。そして今でもやっぱり砥ぎがメイン・・・

63 :55:04/10/12 21:29:20 ID:SbVVWOqu
>>59
スレ違いだけど、わざわざ調べてくれてありがとう。
そういえばずっと後に九州に高校の修学旅行行ったときにおつりで100円札もらったことを思い出した。
確かキセルと蕎麦焼酎雲海を買って、バスの一番後ろの席でカーテンに隠れてタバコ吸いの、サケ飲みいの。
そのとき俺は学級委員でしたw

64 :54:04/10/13 01:53:05 ID:t6caGtZf
>>55
どうやら、近い世代らしいですな

>>59
ありがとうね なつかしいなぁ100円札

65 :sage:04/10/13 02:50:08 ID:yNZHQzK0
きっかけというか、なんというか…
まだ小学生になるかならないかの頃、母に使い古しのカミソリ(金属製の柄つき)を
もらった。
おままごとの包丁として使いなさいと言われ、大喜びで庭の草花をザクザク刻みまくった。
母も子供時代に、祖母から同じようにカミソリをもらって遊んだと話してくれた。
そんな思い出話をしてくれたのは初めてだったし、自分専用の刃物を与えられ、母がいない時でも
自由に使っていいと、少し大人扱いされた事が嬉しかった。

10才くらいから、鉛筆は自分で削るようにと言われた。
我が家は鉛筆削り器がなかったので、カッターナイフで毎日削った。
中学校もシャーペン禁止だったので、自然とカッターを持ち歩くようになった。
社会人になっても、カバンに大型カッターを常に入れていた。

そして現在。大型カッターは持ち歩くと逮捕されかねないご時世なので、
レザーマンのスクォートをキーホルダーにしている。






66 :65:04/10/13 02:58:27 ID:yNZHQzK0
やってしまった…

67 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/13 22:23:29 ID:Q66E7kTv
10年位前のナイマガに蛭子能収氏のコメントが載ってた。

『前略 …父ちゃんは延縄漁船に乗ってて、
小学4年のときに一緒に連れてってもらったことがあるんです。
延縄漁業っていうのは1本の釣り糸にたくさん釣り針をつけて海に投げ込み、
魚を釣る方法なんです。
それでおれ、船の上でボーッと父ちゃんが釣り糸を投げ込むのを見ていたら、
いつのまにか右手の小指に釣り針が引っかかってしまったんですよ。
船はものすごい勢いで走っていくし、小指が取れちゃうんじゃないか、
どうしようとオロオロしていたら、脇にいた親父が、本当に一瞬の間に
持っていたナイフで針をピンって切ってくれたんです。
助かりましたよ。刃物は嫌いだったけど、あのときは親父のナイフに感謝しましたね』

68 :46=48:04/10/16 06:58:35 ID:C2ERw0Fo
>>49
亀レスです 他の方は飛ばしてください
えらい失態を曝して、それこそ「ぶち恥ずかしかった」ので
しばらく来なかったらフォロー頂いてました。
ありがとうございました

69 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/26 20:55:06 ID:zQC9I4hV
俺の手元に一本のナイフがある。高価なカスタムのような美しさもないし、流行の
タクティカルナイフのような機能美があるわけでもない。剣鉈をアレンジしたような
野暮ったいデザイン。鈍く光るブレードには細かな傷が無数にある。この傷一つ一つは
あの阪神大震災の時に刻み込まれたものだ。倒壊したアパートに突入する時、そのアパート
から生き埋めになった男性を救助した時、全焼したマンションの熱でゆがんだドアをこじ開
ける時、夜の闇に恐怖し長い夜を過ごしたとき、確実に機能し恐怖に打ち勝つ助けになった
のが、なんの変哲もない一本のナイフだった。あれから幾つものナイフを買ったけれど、
この一本だけは手放せない。

70 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/26 21:02:52 ID:zcVYgblU
ながめてハァハァするだけのヲタには出る幕無しのスレ。

71 :さらしてやる:04/10/26 22:01:11 ID:HGVEqOue
俺の叔父さんはもう随分昔に亡くなった。

第2次世界大戦の前、アメリカのユタ州に行って、現地で自動車工場をやっていた。
その技術を日本に持ち帰り、東京の品川で自動車整備屋をやっていた。

この叔父さんはいつもナイフをポケットに入れていた。
メインブレードと缶きりと栓抜きぐらいがついていたと思う。
ハンドルは多分何かの角で、茶色い色だった。
ハンドルの両端、金属の部分は鈍い黄色だったから、多分真鍮なんだろう。
メインブレードはポイントが折れてしまっていた。

叔父さんは、機械油が染み込んだ無骨な手で、そのポイントの折れたメインブレードで、
俺によく梨をむいてくれた。

今の季節、店頭に並んだ梨を見るたび叔父さんのことを思い出す。

あのナイフは、叔父さんと一緒に焼かれた。
叔父さんは天国でも梨をむいているんだろうか、なんて馬鹿なことを考える。

72 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/27 03:02:35 ID:iQ55PmFy
>>69
もしかしたら、キンリュウのマルーダーですか?


73 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/27 03:16:12 ID:Vz207R3k
剣鉈には似てない気がするが・・・

74 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/27 06:24:30 ID:T6vxhPJy
何年かぶりに、実家へ帰った。
その時に包丁を砥いであげたら、お袋が少し嬉しそうな顔をした。
次に帰った時もといであげようかな。

75 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/27 07:29:09 ID:D7u7ikbx
泣けた。

76 :まろやか軍曹 ◆gx4yPVAf7c :04/10/27 23:10:50 ID:AzotRUdx
じんわり来ます。

77 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/28 07:28:02 ID:zH8DRi1+
>>71一緒に焼かれるなんて、よほどトレードマークになってたんだろうなそのナイフ。
おいらも本当はそうやって一本だけのナイフをずーっと愛用したい。そういうのが好きだ。
でも目移りしちゃって、あれもこれもと欲しくなって買ってしまうんだよね。


78 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/28 11:22:24 ID:w3WClmj6
>77
いいじゃん。
そうやって何本も買い換えていくうちに、終生一緒に行動する一本が見付かることもあるだろう。

79 :69:04/10/28 13:41:29 ID:9gu96C7W
>72
メーカーは忘れた。モデル名ブッシュマスターとかだったと思う。マルーダーはMkUを
持ってる。一度刃がボロボロになったのでメーカーに送り返した。表面も軽く磨いてあった。
ケースを含め見た目はボロであれだが思い出一杯。

80 :72:04/10/28 20:11:00 ID:k1RErVdL
>>79
昔なんかで、似た内容の記事を読んだ気がするので
あの時私は淡路島にいたので、そんなナイフとの付き合いは
いいなぁとは思いますが、状況が酷くて・・・・

81 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/29 00:04:24 ID:tHR3poVq
I remember that day as if it were yesterday.
The sun shined down on my shoulders, and my grandad looked me in the eyes.
"Today, you are a man."
It was my twelfth birthday.

My grandad handed me his care-worn pocket knife as if it were more valuable than the Hope Diamond.
Indeed, to me it was.
As I slipped my brand new case pocket knife in my pocket on that warm summer day, I felt like a man.

82 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/29 07:30:34 ID:OCvvtLOL
>>81
And You should act like a man,ok?

83 :79:04/10/29 08:38:21 ID:NstWJDh6
台風23号の被災地より帰ってきました。いま新潟の地震ばかりが報道されてますが
ここも酷いです。家が倒壊していないだけで地震の時の神戸にそっくりです。今回は
大型ナイフはお休みでシャベルなどの出番がメインでした。機材の補修にレザーマン
を使いました。やはりプライヤー系が一本あると助かります。

84 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/29 13:17:40 ID:on2WzLy6
お疲れ様です!

85 :名前なカッター(ノ∀`):04/10/29 22:56:52 ID:tHR3poVq
>>82

Sure! I will!

86 :79:04/10/30 21:07:48 ID:7DIAYoOx
>84
わたし宛でしょうか?顔が見えなくてもそう言ってもらえるとうれしいですね。
そう言えばちょっと古いけどあの地震の時避難所ではビン入りの水が配られた
時がありました。(オイオイ、だれが栓抜きもって避難する?)またプルトッ
プでない缶詰を配ってくれたり(好意はうれしいが内心、誰がカンきり持ってる?)
と困ることがあるのでツールナイフは必需品です。わたしですか?レザーマンを
かれこれ10ウン年使ってます。25年保証も残り半分をきりました。新しく買っても
値段はしれてますが、これも手放せない一本です。


87 :79:04/10/30 21:19:34 ID:myFRIQIs
>72.80
それ、もしかしてナイフマガジンに載ってなかった?そうだとしたら寄稿者はわたしです。
いまは買ってませんが少し前まで創刊号以来ずっと購読していて、何度か掲載していただ
きました。
 淡路本当に大変です。わたしが今回要請されて行った先が淡路でした。現地の本部に行くまでも
何箇所もで崖崩れしており、場所によっては2m以上浸水したと聞きました。川の堰堤も崩れ電柱も
倒れています。一瞬自分はあの地震の最中にいるのだろうかと思いました。

88 :72.80:04/10/30 22:30:09 ID:JO+aKNdH
>>87
やっぱし!
自然災害の前に人は無力ですね。何かとご多忙の様ですが
がんばってください。

89 :87:04/10/30 23:16:32 ID:BcAq7ZL1
>88
もしかしてバックナンバー探されました?もし個人の見当がついても黙っててね。
自然災害の前では本当に人は無力だと思い知らされます。普段は自然保護だとか
言ってますが、人間が保護できるほど小さくないし無力でもないことを思い知ら
されます。わたしの限られた経験ですが、どんなに小さなナイフでもあるとない
では大違いです。励ましの言葉有難うございます。次の行き先はまだ未定ですが、
頑張ります。

90 :さらしてやる:04/11/07 14:05:00 ID:IB+UimhR
327 名前: 名前なカッター(ノ∀`) 投稿日: 04/09/27 00:10:49 ID:/H6IVhOt
2年前、アメリカへ行った。
その時、現地で知り合ったアメリカ空軍の退役軍人のおっさんが、いつもベルトにBUCKの112を着けていた。
今は内装の仕事をしているのだが、仕事にこのナイフは欠かせないんだという。カーペットや壁をはがしたりするのに使っているらしい。

自慢げに見せてくれたそのナイフは、ポイントが欠けていた。
どうだ、よく使い込んであるだろう?と言って、彼は笑った。

彼は俺を海でのエビ漁とダム湖での彼のボートに乗ってのトローリングに連れて行ってくれた。
そのときも、ラインが絡んだりするとすぐに腰からBUCK112を引っ張り出してどうにかしてしまう。

ただ、海水のエビ漁の時、タイメックスの時計が水に入り、とまってしまった。
俺はその場で、俺の腕につけていたシチズンのエコドライブの100m防水時計をプレゼントした。

水の中でも使えるぜ、って言って。

俺が日本に帰る日、彼は俺にBUCKの112をプレゼントしてくれた。
俺は退役軍人だから、ベースで買うと安いんだよ、とのことだった。

俺はこっそりモールでFisherのスペースペンを買って、分かれる間際に彼に渡した。

水の中でも使えるぜ、って言って。

91 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/10 20:50:38 ID:8ngIc1xz
なんか・・・みんなスゲー・・・
自分の糞みたいな話はとてもじゃないが書けない・・・




92 :名前なカッター(ノ∀`):04/11/10 21:08:27 ID:s3js3oIZ
書けバカチン

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)