5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

H"/AirH"PHONE by DDIポケット Ver.46

1 :非通知さん:04/08/04 19:04 ID:XQHD2Nbn
DDIポケット全般の話題について(H"・AirH"PHONEなど)

DDI POCKET
http://www.ddipocket.co.jp/


※質問は質問スレへ!※ このスレで質問しても相手にしてもらえませんよ。
H"/AirH"PHONE DDIポケット質問スレ34
http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/phs/1091499341/

前スレ
H"/AirH"PHONE by DDIポケット Ver.45
http://hobby6.2ch.net/test/read.cgi/phs/1089099572/


198 :非通知さん:04/08/12 07:11 ID:M+aLKuip
第4部お荷物と言わせない(2)京セラ山本高久氏(今どきのヒットメーカー)

PHS「エアーエッジフォン」
パソコン画面、手元で閲覧
かつて「ピッチ」と呼ばれ若者の間ではやったPHS。携帯電話に押され、昔日の勢いはない。
そんな市場で五月の発売以来、当初予想の二倍のペースで売れている端末が、京セラの「エアーエッジフォン AH―K三〇〇一V」だ。
八千―一万円(店頭実売)と従来機種並みの価格にもかかわらず、パソコンで見慣れたウェブサイトをそのまま閲覧できるのがうけている。
同社で開発を指揮した無線アクセス事業部の山本高久部長は“脱電話”にピッチ復権の手応えを感じている。
京セラが端末を納入するDDIポケットの加入者数は一九九八年七月に記録した三百六十一万七千人をピークに減少に転じ、現在は約二百九十万人。
パソコンに装着して使うデータ通信では一定の評価を得ているが、音声通信は移動時に切れやすい状態が続き、
高機能・低価格が急速に進んだ携帯電話への顧客流出が進んでいた。

199 :非通知さん:04/08/12 07:12 ID:M+aLKuip
「NTTドコモのiモードサービスなど携帯でもサイトは見られるが、特殊な方式で作られた専用サイトのみ。
パソコンで見るヤフーのサイトと同じものを見る携帯電話はなかった。
通常のサイトを自由に閲覧できる機能を付ければ、PHSに新しい顧客を取り込めると思った」
パソコンのサイトの情報量はiモードサービスなどの約三十倍。
普及にはどれだけ利用しても支払額が増加しない定額制の導入が欠かせない。
DDIポケットはパソコン向けデータ通信ですでに定額制を導入していたため、このインフラを活用できた。
「目指したのはPHSのフラッグシップモデル。ドコモやKDDIが手がける定額データ通信は携帯用に作られたサイトが対象。
情報量がかさむパソコン用サイトはインフラに膨大な負荷がかかるため、十分な体制が整わないと開始できない。
DDIポケットはインフラ整備の面で先行しており、勝算はあった」
本格的な開発に着手したのは二〇〇二年末。パソコン向けサイトをPHS端末で見るためには、
液晶画面の大きさに合わせて画像を自動調整できる技術などが必要。
ネット閲覧ソフトにはノルウェーのオペラ・ソフトウェア社の製品を採用した。
携帯端末への納入実績は少ないが、パソコン向けとして定評があった。


200 :非通知さん:04/08/12 07:13 ID:M+aLKuip
「大型の液晶画面を採用する一方、端末の厚みを二センチに抑えることに苦労した。
省電力化も課題だった。閲覧ソフト用に別途プロセッサーが必要だったため消費電力がかさんだ。
満足できる連続通話時間を確保できるまでに時間がかかった」
試作機は二〇〇三年夏に完成した。しかしここで思わぬアクシデントに見舞われる。サイト閲覧中に画像が動かなくなる原因不明の故障が発生したのだ。
「立て続けに問題が発生し、昨秋になって、基本設計から抜本的に見直すことを決めた。
発売日も迫っていた中でのぎりぎりの決断だった。結果的に発売日は約半年遅れた」
通常のPHSの開発期間は十カ月程度。「AH―K三〇〇一V」は完成までに通常の倍かかった。
新製品広告は電車の中づり広告など控えめだった。販売目標は月一万台。社内には「そんなに売れるか」という冷淡な反応もあった。
しかしふたを開けてみると、インターネットの掲示板や口コミを中心に関心が高まり、あっという間に月二万台ペースに。
今は生産が追いつかない状態だ。
「AH―K三〇〇一Vは、形状は携帯端末だが中身はパソコンに近い。
開発が難航したのは、電話中心の設計思想を捨てきれなかったからだ。
携帯のパソコン化が進行するなかで、新機種の開発にあたっては電話よりもむしろパソコンやPDA(携帯情報端末)を作っているとの発想の転換が必要と感じている」
やまもと・たかひさ 79年(昭54年)群馬大工学部卒、京セラ入社。
海外向け電卓の設計を担当。84年からパソコンの開発設計を手がけ、94年にパーソナル通信機器事業部へ。
PHSの基地局関連機器の開発設計を経て、02年から通信システム機器統括事業部無線アクセス事業部事業部長に。48歳。

284 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)